Jolene Bakery and Lestaurant In London

それから中央にある少し横長のテーブル席に座った。テーブルの上にはお水のグラスとピッチャー、朝の明るいうちから火が灯されている蝋燭、顔を上げると目の前には”Saturday lunch”という名目でメニューが書かれた大きな黒板があった。その黒板には空きっ腹の僕の食欲をそそる料理名が綴られていたのだ。お昼の時間までどこかで時間を潰してまた戻ってこようかと思いもしたが、予約制であることを知ってその日は諦めることにした。店内で過ごす人たちは友達と大きな笑い声をあげて会話をしたり、シェアテーブルで隣になった初対面の人と思いもしない話題で盛り上がったり。さらには久々の再会を果たした友人同士が「元気だったかい?」と言って熱いハグを交わしていたりする。席について数分のこの時点で、静かに落ち着いた雰囲気を好む日本のカフェとはまるで別の光景がそこには繰り広げられていたのだ。(海外のシェアテーブルは素晴らしい出会いを生む。)      

     

もしこの日にここでランチを食べることができていたなら、、”FLOURISH SALAD,LEMON +PARMESAN”
“RIGATONI,CAVOLO NERO,RICOTTA+WALNUTS”
“FOCACCIA”を頼むかな。あとワインも飲みたいな。

  

-------------------------------------------------------------------------------------

Written & Photographed by Katsushin Morimoto

Back to journal top