Like Sean Connery

Sir Thomas Sean Connery (1930-2020)

たとえば、映画「007」の初代ジェームスボンド役のショーン・コネリーのように。

THE SUMMER KNIT OPLO SHORT SLEEVE ¥22,000/HATSKI Easy Linen OX Slacks ¥23,100/NO BRAND SUNGLASSES ¥55,000

ポロシャツを着るんだから、僕なら迷わずタックインを。ポロシャツに限らずボタンダウンでもそう。なぜならその方がアメリカントラディショナルだし、アイビールックだと思う。
タックインするかしないかで180c°印象は変わるし、紳士でいたいなら…。と。
もっというと、007のショーン・コネリーはベルトをしていないけど、したほうがかっこいいんじゃないかとすら思う。

THE SUMMER KNIT OPLO SHORT SLEEVE ¥22,000/HATSKI Easy Linen OX Slacks ¥23,100/ CLARKS ORIGINALS DESERT BOOT

合わせ方は人それぞれだけど、もう夏だしデニムを履くには少し我慢が必要だ。そうなるとHATSKIのリネンパンツはとても優秀。
サラッと履けるし爽やかさもある。ポロシャツと着るとどこか上品で且つカジュアル。ここでスニーカーを合わせてしまうとカジュアルすぎるからここはclarksのデザートブーツを。
そこのバランスはやっぱり大切だ。

007のショーン・コネリーのようにデニムにタックインしてビーチを女の子と歩くなんて、できるならやってみたい.

THE SUMMER KNIT OPLO SHORT SLEEVE ¥22,000/HATSKI Easy Linen OX Slacks ¥23,100

THE SUMMER KNIT OPLO SHORT SLEEVE ¥22,000

1950-60sのトラディショナルな装いを彷彿とさせながら、現代のカジュアルなスタイルにも寄り添ってくれる。
どちらにも偏ることもなく、真ん中をいくわけでもない。
そこの絶妙なポイントをつける服は、あくまで僕のワードロープにはだけど数少ない。
そういう服に魅力を感じるし、引き寄せられる。

あと、髪の毛はスタイリッシュに整えることを忘れずに。

-------------------------------------------------------------------------------------

Written & Photographed by Katsushin Morimoto / Writer

Back to journal top