HATSKI

HATSKI WIDE TAPERED DENIM ¥20,900 @hatski.official

15.6ozのどっしりとした肉厚な生地が特徴の「HATSKI」
        そんなザデニムがcsewに登場する。

従来のデニムは13ozほどが普通だけど、このデニムは2ozも上回る15.6ozを誇る。
夏にはちょっと暑いけど、その分の重厚感が魅せる表情は夏の暑さを感じさせないほどたまらない。
そして何よりもこの重さが安心感を与えてくれる。
「オシャレは我慢だ。」と誰かが言ったように、暑い夏の日こそ我慢してでも穿きたいデニムなのかもしれない。

これにparabootのランスなんか履いて、爽やかな白Tを着ちゃえば君はもうクラシックなサマーボーイだ。
parabootもいいけど、clarksもいいな。いや、new balance993もありだな。<br /> そう悩んじゃうくらいに確かになんでもマッチしてくれるいい相棒だ。

HATSKI ICE BLUE ¥23,100 @hatski.official

”穿けば穿くほど”とはこのことか。と言わんばかりに、
洗濯をしても従来のデニムのように薄く色褪せることはなく、濃い原色を残したままそれぞれの色味や質感に変化していく。
デニムはよく”育てる”と表現されるが、最高に育てるのが楽しいデニムであることは間違いないようだ。

それにしてもHATSKIのデニムは神戸の街がほんとによく似合う。
天気がいい日には、海と山に挟まれたこの街でHATSKIを履いて爽快に散歩でもしてみようか。
途中で駅からすぐのcsewに寄ってみて、乾いた喉を潤そう。

渾身の一本をこれでもかと言うほどに穿きこむのもいいし、いろんなカラーを揃えて、
その日の気分や出かける場所によって使い分けるのも通な楽しみ方だろう。
シャツに革靴にジャケットなら ストレートデニムだし、
スウェットにスニーカーならワイドテーパードで今時のユルっとみたいな。

-------------------------------------------------------------------------------------

Written & Photographed by Katsushin Morimoto / Writer

Back to journal top